基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずに…

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずにじっとしていても燃える熱量のことですが、その50%以上を身体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で消費しているのです。

素材がグラスファイバーのギプスは、丈夫で軽いのに長く使うことができ、雨などで濡れてもふやけずに使えるというメリットがあり、いまのギプスの中でも王道と言っても過言ではありません。

音楽の公演の開催される場所やクラブなどに備えられているとても大きなスピーカーの正面で大音量を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいます。

クシャミ、鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散している量に比例するかのように悪くなるという特徴があると言われています。

PC使用時の青い光を軽減させる効果のあるPC専用の眼鏡が現在人気を集めている要因は、疲れ目の手当に多くの人々が挑戦しているからだと推測することができます。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血管の中が狭くなってしまい、血液の流れが途絶えて、酸素や色々な栄養を心筋に届けられず、筋繊維が壊滅状態になる大変恐ろしい病気です。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の体内の脂肪の占有しているウェートで、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(キログラム)×100」というシンプルな数式で調べられます。

陰金田虫というのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と言い、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの場所に何らかの理由で感染、定着する病気の事で俗に言う水虫のことなのです。

常時ゴロンと横向きになったままTVを眺めていたり、長い時間頬杖をついたり、かかとの高い靴をいつも履くという習慣は身体の左右のバランスを悪化してしまう大きな要素になります。

素人判断では骨が折れているのかどうか区別がつかない場合は、ケガをしてしまった部位にある骨を弱めにプッシュしてみて、もしその部分に激しい痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

既に歯の周りの骨を浸食してしまうほど酷くなってしまった歯周病は、もし進行具合そのものが安定したとしても、エナメル質が元通りに復元されるようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。

子供の耳管の特徴は、大人に比べると太めで短い形で、尚且つ水平に近いため、細菌が入りやすいのです。小さな子供がよく急性中耳炎になるのは、この構造が関わっています。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる化学物質が、肝臓が持っている解毒酵素の自然な生産活動を支えているのではないかという新たな事実が判明しました。

ともすると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「排除すべきもの」と思われがちですが、実際は、人間は様々な種類のストレスを経験しているからこそ、生活していくことが可能になっています。

ダイエットに勤しむあまりカロリーを抑制する、ほとんど食べない、等の暮らし方が結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発する事は、多くの医療従事者が言われているのです。