メイクのデメリット:昼にはお化粧直しする必要がある…

メイクのデメリット:昼にはお化粧直しする必要がある。洗顔してすっぴんに戻った時につくづく思い知らされるギャップ。コスメの費用が案外馬鹿にならない。メイクしないと外に出られないという強迫観念のような呪縛。

屋外で紫外線を浴びたときにできるだけダメージを抑える方法は3種類あります。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.ふんだんにローションをはたいてきちんと潤いを保つ3.シミにさせないために剥がれてきた皮をむいては絶対にダメだ

我々が「デトックス」にのめりこんでしまう理由の一つは、私達が生活している環境の汚さだ。大気や土壌は化学物質で汚染され、コメや野菜などの食物には化学肥料や農薬が多くかかっていると実しやかに囁かれている。

美容外科とは、体の機能上の欠損や変形の修復よりも、もっぱら美意識に基づいて体の容貌の向上を重視する医療の一種で、完全に自立した標榜科でもある。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応と関係しているものの中で特に肌の症状(かゆみ等)が表出するもので皮膚過敏症の仲間である。

アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)をお薬の力だけで治そうとするには残念ながら無理があります。生活環境や楽しいことなどライフスタイル全てのテーマまで掌握する治療方法が必要になります。

ホワイトニングというものは、色素が薄く、より白肌を重要視した美容分野の価値観、またはそのような状態の皮膚のことを指す。大抵は顔のお肌について使われる。

指で押すと返してくるお肌のハリ。これをもたらしているのは、サプリメントでおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。バネの働きをするコラーゲンがしっかり皮ふを支えていれば、肌はタルミとは無縁でいられるのです。

よく女性誌や美容の書籍には、小顔になって肌がきれいになり、ダイエットできるし、毒素の排出、免疫力アップなど、リンパ液の流れを整えれば1叶えられる!という華やかな内容のフレーズが載っている。

フェイスラインの弛みは不要な老廃物や脂肪が滞留することで促されます。リンパ液の循環が悪くなってくると色々な老廃物が蓄積し、むくみが発生したり、脂肪が溜まり易くなり、たるみの原因になります。

知らず知らずの内にPCの画面に集中し過ぎて、眉間にシワを寄せ、なおかつ口元は口角の下がったへの字(ちなみに私はこの形を別称「富士山ぐち」とも呼んでいます)ではないですか?これはお肌の大敵です。

皮ふの奥で生み出された肌細胞はじわじわと時間をかけて皮膚の表面へと移動し、行く行くは肌表面の角質となって、約28日経てばはがれ落ちます。このサイクルこそが新陳代謝というわけです。

肌の美白指向には、90年代の初めからあっという間に女子高校生などに広がりを見せたガングロなど、不自然なほど酷く日焼けする渋谷系ギャル文化への反論的な精神が込められている。

あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、体にダメージを被った人のリハビリと同様に、顔などの容貌にダメージを受けた人がもう一度社会生活を送るために学習するテクニックという意味が込められているのです。

肌の透明感を保持するターンオーバー、別言するとお肌を生まれ変わらせることができる時間帯というのは極めて限られており、夜中眠る時しかないそうです。