ハーバード大学医学校(HMS)の研究結果によれば、…

ハーバード大学医学校(HMS)の研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2杯以上カフェインの除去されたコーヒーを飲用することで、なんと直腸ガンの発症する確率を約半分も減少させることができたそうだ。

今時の病院のオペ室には、W.C.や器械室、準備室(preparation room)を用意させ、オペ中に撮影できるX線装置を準備しておくか、そうでなければ付近にX線装置の専門室を付属させるのが常識である。

肝臓をいつまでも元気にキープするには、肝臓の毒素を分解する力が下がらないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング対策を迅速に開始することが重要だと言われています。

うつ病は脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなり、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、強い倦怠感、食欲不振、体重の減少、強い焦り、極端な意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の深刻な症状が心身に現れます。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症の病名であって、免疫不全となり健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や癌などを発病してしまう病状全般を称しています。

もし婦人科の検査で恐れていた通り卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っておりPOFと分かったら、少ない女性ホルモンを足すような処置方法で良くなることができます。

緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首のこり、張りによる肩こり頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛さ」「ズドーンと重苦しいような酷い痛み」と言い表されます。

「ストレス」というのは、「溜めないようにすべき」「除外すべき」ものとされていますが、実を言えば、私たちヒトは日々ストレスを感知するからこそ、活動していくことに耐えられるのです。

うす暗い場所だと光量不足によって見えにくくなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに余計なパワーが消費され、結果的に日の差す所で物を見るよりも疲れるのが早くなります。

高齢化による耳の聞こえにくさは毎日少しずつ聴力が低下するものの、大体において60歳を超えないと耳の衰退をはっきり自認できないのです。

グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強靭で軽量な上に持ちが良く、なんと濡れても大丈夫という利点があり、現在の日本のギプスの中でも王道と言われています。

ダイエットを成功させたいばかりにカロリー摂取を抑制する、食べる量が少ない、こうしたライフスタイルが結果的に必要な栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を齎していることは、多くの医療従事者が問題視されていることなのです。

塩分や脂肪の摂取過多を控えて簡単な運動に励み、ストレスの少ない毎日を続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を未然に防ぐ知恵です。

子どもの耳管の作りは、大人のそれに比べると太い上に短めで、なおかつ水平に近いため、バイキンが潜り込みやすくなっています。大人より子どもの方がよく急性中耳炎に罹るのは、この構造が関係しています。

まず間違いなく水虫は足、こと足の裏に現れる病気として知られていますが、白癬菌にかかる場所は足に限定されているわけではなく、体の様々な部位に感染するという可能性があるので気を付けましょう。