老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは老廃物…

老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは老廃物や余分な脂肪が集合することで徐々に促されます。リンパ液の動きが停滞すると老廃物が溜まって浮腫んだり、余分な脂肪が蓄積されやすくなり、たるみの要因になります。

スキンケアコスメによるエイジング対策「老け顔」脱出大作戦を敢行!お肌の質をきちんと知って、自分にピッタリ合う化粧品を選択し、まともにお手入れをして今すぐ「老け顔」とお別れしましょう。

審美歯科というのは、美を重視したトータルな歯科医療の分野。歯の持つ働きには物を噛み潰すなど機能的な側面と、表情を明るくみせるなど審美的な側面があり、両方健康においては外せない要素だと言えよう。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような症状と関わっている状態のうち肌の持続的な症状(発赤・掻痒感など)を認めるものであり要は皮ふ過敏症の仲間なのだ。

整形外科とは異なって美容外科が損壊などのない健康な体に施術を行う美を追求する行為であることを差し置いても、リスク管理や安全性の確立があまりにも不十分だったことが一つの大きな誘因なのだ。

日常的な睡眠不足はお肌にはどういう悪影響を与えるかご存知ですか?その代表格がターンオーバー(新陳代謝)が遅れること。皮膚の生まれ変わる周期が遅れがちになります。

加齢印象を与える重要な要因の一つが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯の表側の層には、見えない凸凹があり、毎日の生活の中で黄ばんだ着色や食物カスなどの汚れが固着していきます。

歯の美容ケアが必要と思っている女性は増えているものの、実生活に取り入れているという人はまだ少数だ。一番多い理由が、「自分だけではどうケアすればよいのかいまいち分からないから」という思いだ。

「デトックス」という言葉そのものは世に登場して久しいが、間違いなくこれは「代替医療」や「健康法」の一種に過ぎず、治療とは違うことを解っている人は意外なまでに少ないようである。

体に歪みが発生すると、内臓が互いに圧迫し合って、つられてその他の臓器も引っ張り合うため、位置異常、内臓の変形、血液や細胞の組織液に加えてホルモンバランスなどにも良くない影響をもたらします。

現代社会を暮らすにあたり、人の体内には体に悪い影響を及ぼすケミカルな物質が溜まり、さらに自らの体内でもフリーラジカルなどの活性酸素が次々と生まれていると喧伝されているらしい。

細胞が分裂する速度を活性化し、皮膚を再生させる成長ホルモンは明るい時間の活動している時間帯はほぼ分泌されず、日が暮れてからゆっくり体を休めリラックスしている状態で分泌され始めます。

最近よく聞くデトックスとは、人間の身体の中に蓄積されているありとあらゆる毒素を体外に出させるという健康法のひとつでカテゴリーとしては代替医療に類別されている。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除く=解毒)」を短縮した言葉です。

思春期は終わっているのに発症する、治りにくい“大人ニキビ”の症例がじわじわと増えている。もう10年間こういった大人ニキビに悩まされてきた患者さんが専門の皮膚科に救いを求める。

爪の生成される様子は木の年輪のように刻まれるというものであるが故に、その時々の健康状態が爪に表れることが多く、髪の毛と等しくすぐに目に入って判断しやすいため健康のバロメーターとも言われている。

ハーバード大学医学校(HMS)の研究結果によれば、…

ハーバード大学医学校(HMS)の研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2杯以上カフェインの除去されたコーヒーを飲用することで、なんと直腸ガンの発症する確率を約半分も減少させることができたそうだ。

今時の病院のオペ室には、W.C.や器械室、準備室(preparation room)を用意させ、オペ中に撮影できるX線装置を準備しておくか、そうでなければ付近にX線装置の専門室を付属させるのが常識である。

肝臓をいつまでも元気にキープするには、肝臓の毒素を分解する力が下がらないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング対策を迅速に開始することが重要だと言われています。

うつ病は脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなり、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、強い倦怠感、食欲不振、体重の減少、強い焦り、極端な意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の深刻な症状が心身に現れます。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症の病名であって、免疫不全となり健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や癌などを発病してしまう病状全般を称しています。

もし婦人科の検査で恐れていた通り卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っておりPOFと分かったら、少ない女性ホルモンを足すような処置方法で良くなることができます。

緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首のこり、張りによる肩こり頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛さ」「ズドーンと重苦しいような酷い痛み」と言い表されます。

「ストレス」というのは、「溜めないようにすべき」「除外すべき」ものとされていますが、実を言えば、私たちヒトは日々ストレスを感知するからこそ、活動していくことに耐えられるのです。

うす暗い場所だと光量不足によって見えにくくなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに余計なパワーが消費され、結果的に日の差す所で物を見るよりも疲れるのが早くなります。

高齢化による耳の聞こえにくさは毎日少しずつ聴力が低下するものの、大体において60歳を超えないと耳の衰退をはっきり自認できないのです。

グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強靭で軽量な上に持ちが良く、なんと濡れても大丈夫という利点があり、現在の日本のギプスの中でも王道と言われています。

ダイエットを成功させたいばかりにカロリー摂取を抑制する、食べる量が少ない、こうしたライフスタイルが結果的に必要な栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を齎していることは、多くの医療従事者が問題視されていることなのです。

塩分や脂肪の摂取過多を控えて簡単な運動に励み、ストレスの少ない毎日を続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を未然に防ぐ知恵です。

子どもの耳管の作りは、大人のそれに比べると太い上に短めで、なおかつ水平に近いため、バイキンが潜り込みやすくなっています。大人より子どもの方がよく急性中耳炎に罹るのは、この構造が関係しています。

まず間違いなく水虫は足、こと足の裏に現れる病気として知られていますが、白癬菌にかかる場所は足に限定されているわけではなく、体の様々な部位に感染するという可能性があるので気を付けましょう。

ロックミュージシャンのコンサートの開催される施設や…

ロックミュージシャンのコンサートの開催される施設やダンスを踊るためのフロアなどに設けられている巨大なスピーカーのすぐ横で爆音を浴びて難聴になってしまうことを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と称しています。

塩分や脂肪の大量摂取はやめて自分に合った運動に励み、ストレスを蓄積しすぎない生活を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を防ぐポイントです。

何かを食べる時は、次に食べたいと思った物をなんとなく口へ運んで幾度か咀嚼して嚥下するだけだが、そのあと身体は本当によく動き続けて食物を体に取り込むよう努力しているのだ。

「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値で分かりますが、最近では肝機能が衰退している人が明らかに増えているとのことです。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力の強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒素が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)になります。

子どもの耳管の特徴は、大人に比べて幅がある上に短い形であり、なおかつ水平に近いため、様々な細菌が侵入しやすくなっています。大人より子供の方がよく急性中耳炎になるのは、この構造が関わっています。

グラスファイバーで作られたギプスは、非常に強靭で軽い上にとても長持ちし、濡らしてもふやけないという利点があるため、今のギプスの人気製品でしょう。

天然の化学物質、フィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓の持つ解毒酵素の正常な生産活動を支えているのではないかという新たな真実が明らかになりました。

骨折して大量出血した状態では、急に血圧が降下して目眩やふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血症状が引き起こされる場合があります。

不整脈である期外収縮の場合、健康でも発生することがあるため珍しい重病とはいえませんが、例えば発作が次々と起きる場合は危険です。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことが原因で、結果的に膵臓からは微々たる量のインスリンしか出なくなってしまって発病してしまうタイプの糖尿病なのです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、要はまるい形状の紅っぽい発疹・湿疹や鱗屑など、皮ふ症状の総称ですが、因子はあまりにも多種多彩だということができます。

規則正しい穏やかな暮らしの保持、腹八分目を志すこと、軽いスポーツ等、古典的とも思える体についての考え方が肌のアンチエイジングにも役立つのです。

ストレスがかかり、溜まるという構造や、手軽なストレス対処策など、ストレスの正確な知識を保有している人は、現時点ではさほど多くはありません。

アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低減したり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす物質を身体の内側で解毒し、肝臓の働きをより強める性質が確認されているのです。

骨を折ってかなり出血した時に、急激に血圧が降下して…

骨を折ってかなり出血した時に、急激に血圧が降下して、目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、意識消失発作などの不快な脳貧血が見られる場合があります。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で使われる糖、新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、度の過ぎた痩身ではこうした様々な活動を維持するために絶対に要る栄養成分までも乏しい状態にしている。

くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の主な症状は、アレルギーを起こす花粉の飛散する量に比例しているかのように悪化の一途を辿ってしまう特性があるというのは周知の事実です。

2005/02/01以後新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文章の明示が義務化している。

アメリカやヨーロッパにおいては、新薬の特許が切れた約30日後には、製薬市場の8割がジェネリックに取って代わるようなクスリもある位、ジェネリックは各国で知られているという現実があります。

下腹部の疝痛の元凶となる病には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性特有の疾患などが真っ先にみられるようです。

「体脂肪率」というのは、身体の中の脂肪の溜まっている率であり、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(キログラム)×100」というシンプルな数式で弾きだせます。

トコトリエノールの機能は酸化を遅らせる機能が殊更認識されていますが、これ以外にも肌を美しくする作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりするというようなことが確認されています。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になってしまった後に販売され、新薬とまったく同一の成分で経済的負担を低くできる(薬代の高価ではない)後発医薬品のことを指しています。

規則正しい穏やかな暮らし、腹八分目の実践、続けられるスポーツなど、古臭いともいえる体に対する考え方が老化対策にも関係しているのです。

自分では骨を折ったかどうか不明な場合は、負傷してしまった位置の骨をごく弱い力で触れてみてください。そのポイントに激しい痛みを感じたら骨折の可能性があります。

杉花粉症などの症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜間しっかり睡眠を取れないと、それが災いして睡眠不足の状態に陥り、次の日起きてからのすべての活動にダメージを及ぼすこともあります。

杉の木の花粉が飛散する1月から4月の時期に、乳幼児が体温は平熱なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水っ洟が出続けている状況なら、もしかしたら杉花粉症の可能性があるかもしれません。

AEDというものは医療資格を持たない普通の人でも扱うことのできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順に従って行動することで、心臓が細かく震える心室細動の絶大な治療効果をいかんなく発揮します。

悪性の腫瘍である卵巣がんは、正常ならヒトを癌から保護する作用を持つ物質を製造するための金型のような遺伝子の異常が引き金となり発病するということが分かっています。

ネイルケアは、手足の爪とその周辺の手入れ全般を指す…

ネイルケアは、手足の爪とその周辺の手入れ全般を指す。健康、美容、ファッション、医学的な処置、生活の質の保全というような多くの活躍の場が存在し、既にネイルケアは一つの確立された分野と言えるようだ。

顔の加齢印象を強める重要な素因のひとつが、歯に蓄積したクスミです。歯の表側には、目には見えない凸凹があり、暮らしの中で黄色っぽい着色や煙草の脂汚れが固着していきます。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を加えて作られた美肌水はお肌に優しく、お肌が乾燥しやすい方に有効な化粧水です。防腐剤や香料等混ぜていないため、皮ふの敏感な人でも使うことができます。

運動や入浴で汗をかいて身体の中の水分が著しく減少すると自然に尿の量が減らされて体温調節に必要な汗のための水分が溜められるため、このだぶついた水分が使用されずにあのむくみの原因になっていると言われています。

皮ふの奥で作られた細胞はスローペースで皮膚の表層へと移動し、最終的には角質となって、約4週間後に自然にはがれ落ちていきます。これらの活動こそがターンオーバーと呼ばれています。

残業、飲み会、深夜に至るスポーツ観戦・翌日のお弁当作りや食事の支度…。肌に良くないというのは知っていても、現実的にはしっかり睡眠時間を確保できない人が多いようです。

辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の原因として、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等の細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝、3.栄養面での要素、4.環境面での要素、5.前述した以外の意見を列挙できる。

現代社会を暮らす私達には、ヒトの体内には体に悪影響を与える化学物質が増え、そして自らの体内でも老化を促進する活性酸素などが生まれていると言われているらしい。

どこにも問題のない健康な身体にも起こるむくみだが、これはごくごく自然なこと。女の人は、脚のふくらはぎの浮腫を嫌がっているが、二足歩行の人間なら、下半身のむくみそのものはまっとうな状態である。

デトックスというのは、栄養補助食品の使用及びサウナで、こうした身体の中の有害な物質をなるべく排出してしまおうとする健康法のひとつのことを指している。

頭皮のお手入れの主だったねらいとは健やかな毛髪を維持することです。髪の水分が失われてパサパサして艶がなかったり抜け毛が目立つなど、多数の人が髪の毛のトラブルを秘めています。

アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)を服薬の力だけで良くしようとするには残念ながら無理な話です。生活習慣や楽しいことなど暮らしすべての目標まで拡大した診察が重要だと言えるでしょう。

内臓矯正(軟部組織マニプレーション)は近辺の筋肉や骨格が原因で位置がおかしくなってしまった内臓をもともとあった所に戻して臓器の機能を向上させるという方法です。

皮ふの若さを保持するターンオーバー、要はお肌が生まれ変わることが出来る時間帯は実は限られていて、それは日が落ちて夜睡眠を取っている間しかないのです。

メイクアップではアザなどを隠す行為にとらわれるのではなく、メイクを介して結果的に患者さん本人が自らの外見を受容して、復職など社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOLを更に向上させることを目標としているのです。

好気性桿菌のひとつである結核菌は、保菌者がゴホゴホ…

好気性桿菌のひとつである結核菌は、保菌者がゴホゴホと「せき」をすることで室内に放り出され、空気中にふわふわ流されているのを他人が吸い込むことで感染していくのです。

くしゃみや鼻水、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギー源である花粉の飛び散っている量に比例したように悪化してしまう性質があるというのは周知の事実です。

汗疱(汗疱状湿疹)とは主に掌や足裏、指と指の間などにプツプツとした水疱が現れる病気で、世間一般ではあせもと言い、足裏に現れると足水虫と間違うケースが結構あります。

素人判断では骨折しているのかどうか自信がない時は、負傷した地点の骨を弱めに圧してみて、もしその位置に強烈な痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分けられますが、中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどが付着して炎症が誘発されたり、体液が滞留する病気を中耳炎と呼ぶのです。

グラスファイバーで作られたギプスは、非常に丈夫で軽量で着け心地が良い上にとても長持ちし、なんと濡れてもふやけずに使えるというメリットがあるため、いまの日本のギプスのメインだと言っても過言ではありません。

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つになります。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失われてしまった後に売られ、新薬と同一の成分で自己負担分を抑制できる(薬代が安価な)後発医薬品のことを意味します。

常識的に水虫といえば足を思い浮かべ、中でも足の裏にできやすい病気だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は決して足だけではないので、人の体ならどの部分にもかかってしまう危険性があります。

気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、食欲の低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの辛い症状が出現するのです。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4日前後ちゃんと服薬すれば、押しなべて90%近くの人の自覚症状は治まりますが、食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が完全に治ったとは断言できないので注意が必要です。

「とにかく時間がない」「わずらわしい付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆる先端技術や情報の高度な進歩になかなか追いつけない」など、ストレスを感じてしまう因子は人によって異なるようです。

加齢が原因の耳の聞こえ辛さはじわじわと聴力が低下していきますが、大半の人は還暦を過ぎないと聴力の衰退をしっかりと認識できないものです。

基礎代謝量(kcal)とは目覚めている覚醒状態で生命活動を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の維持など)のに必要となる最も低いエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。

ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを抑制する、1人前を食べない、というような暮らし方がひいては栄養をも不足させ、慢性的な酷い冷え性を齎していることは、色んな媒体で危惧されているのです。

口角がへの字型に下がっていると、皮膚の弛みは段々ひ…

口角がへの字型に下がっていると、皮膚の弛みは段々ひどくなっていきます。しっかりと唇の両端を上げた笑顔でいるように努めれば、たるみも防ぐことができるし、人に与える印象も素敵になりますよね。

明治の終わり頃に外国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風の服装、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介したことから、これらをひっくるめた語彙として、美容がけわいの後釜として使われるようになったとされている。

軟部組織マニプレーションというのは一部の筋肉や骨が要因で位置が合っていない内臓を原則の位置に戻して内臓の状態を良くするという手当なのです。

残業、飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日のお弁当作りや朝食の準備…。お肌に良くないと承知していても、現実的にはしっかりと睡眠時間を持てない方が大半を占めているのは明らかです。

皮ふの奥で作り出された細胞はじわじわと皮膚の表面へと移動し、行く行くは皮ふの表面の角質層となって、約28日後にはがれ落ちていきます。このシステムが新陳代謝の内容です。

デトックス法は、様々な栄養補助食品の使用及び大量に汗をかくことなどで、このような身体の中の有毒な毒素を体外へ流そうとする手段を指している。

スカルプは顔の肌と一続きになっており、額までの部分も頭皮と同じと捉えるのはあまり知られていない事実です。加齢に従いスカルプがたるみ始めると、顔面のたるみの要因となります。

頭皮の様子がおかしくなってしまう前にきちんとお手入れをして、健康な状況を保つほうがよいでしょう。コンディションが悪くなってからケアし始めたとしても、その改善には時間を要し、お金はもちろんのこと手間も必要になるのです。

肌の乾燥によるかゆみの原因の大方は、老化による角質の細胞間脂質と皮脂の量の衰えや、石けんなどの使い過ぎに縁る皮膚の保護機能の低落によって露見します。

皮ふの乾燥の主因である角質の細胞間脂質と皮脂の衰えは、アトピー患者のように遺伝に縁るものと、逃れようのない年齢やコスメや洗浄料による後天性の要素にちなんだものに大別することができます。

メイクの短所:涙が出たときにまさしく修羅のような恐ろしい形相になる。ほんのちょっと間違えるとケバくなって台無しになる。素顔をごまかすのにも限界があること。

そういう場合に大多数の皮膚科医がまず使用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と併用すると約半年でほぼ全快に導くことができた状況が多いと考えられている。

下まぶたの弛みができると、男性でも女性でも本当の年齢よりも4~5歳は年上に見えます。弛みには色々ありますが、中でも殊更下まぶたは目につくところです。

頬など顔の弛みは老けて見られてしまう要因。皮膚のハリや表情筋と呼ばれる筋肉の衰えが弛みをもたらしますが、それ以外に日々の暮らしにおけるささいな習慣も原因になるのです。

日本の医学界がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life)を大切に捉える傾向にあり、経済の完成と医療市場の大幅な拡大により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)はここ2~3年最も注目されている医療分野であろう。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のGOTやGP…

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3つの数値で診れますが、ここ数年肝機能が悪くなっている人数がだんだん増えているとの報告がありました。

もしも婦人科の血液検査でやはりエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値を下回りPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、少ない女性ホルモンを足すような治療等で治せます。

腰などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在するクッションに近い役目を果たしている椎間板という名称の柔らかい円形の組織がはみ出た様子を称しているのです。

常識的には骨折に至らない程度のごく弱い力でも、骨の決まった部位だけに複数回にわたって継続的にかかってしまうことにより、骨折する事もあり得るようです。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、3~4日ちゃんとお薬を飲めば、全般的に多くの患者さんの自覚症状は消えますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応そのものが治癒したとは言い切れません。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、手や脚が無感覚になったり下肢の著しい浮腫みなどが中心で、症状が進んでしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全も併発する可能性があります。

体脂肪の量は変動が見られないのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿等によって一時的に増減する時は、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少すれば体脂肪率が上昇することがわかっています。

寝姿を見ることなどで、患者が猫をとても愛おしく思うとホルモンのオキトキシンが分泌されて、ストレス緩和や癒やしに結びつくのです。

BMI(体重指数を計算する式はどの国でも同じですが、数値の評価基準は国家によって違いがあり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22が標準、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重と周知しています。

お年寄りや慢性的な病をお持ちの方などは、ことさら肺炎になりやすくて治るのが遅いデータがあるので、予防に対する意識や迅速な手当が重要なのです。

PC使用時の青い光を低減する効果のあるレンズの付いたメガネが現在人気を集めるのは、疲れ目のケアにたくさんの人が四苦八苦しているからだと推測することができます。

道路事故や山での滑落など、かなり強い力が体にかかった場合は、複数個所に骨折が生じたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、酷くなると臓器が損壊することもあるのです。

今、比較的若い世代で感染症の一種である結核に対抗する免疫(抵抗力)を保有しない人達が増加したことや、自己判断のせいで受診が遅れることが主因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高いようです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと環状、要するにまるい形をした紅い色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総合的な名前であり、素因は本当に多種多彩だといえるでしょう。

ともすると「ストレス」というものは、「無くすもの」「除外すべき」と捉えがちですが、現に、私達はこうしたストレスを抱えるからこそ、生活し続けることができているのです。

脂肪過多に陥っている肥満は勿論食事内容や運動不足な…

脂肪過多に陥っている肥満は勿論食事内容や運動不足などが誘因ですが、量の等しいごはんだったとしても、慌ただしく食べ終わる早食いを日常化することにより肥満の状態を招く恐れがあります。

現在の病院の手術室には、ラバトリーや専用の器械室、準備室を併設し、オペ中に撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ近くにレントゲン用の専門室を用意するのが慣例となっている。

トコトリエノールの効果としては抗酸化効果が特に知られていると思いますが、他にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりするというようなことが知られています。

「時間に追われているように忙しい」「面倒ないろんなお付き合いが嫌い」「テクノロジーやインフォメーションの進化に付いていくのに必死だ」など、ストレスが蓄積されてしまう元凶は一人一人違います。

食事の際は、食べようと思った物を気軽に口へ入れたら幾度か咀嚼して嚥下するだけだが、その後も人体はまことに健気に活動し食物を体に取り込む努力をし続けているのだ。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も患者数の多い中耳炎で幼い子供に多くみられる病気です。強烈な耳の痛みや38度以上の高熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が現れるのです。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に欠かせない様々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに深く関係する酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する物質として欠かせないミネラルの一つです。

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の男の人患者が多く、よくあるパターンとしては股間部だけに広がり、全身運動をしたり、風呂に入った後など体が熱くなった時に強い痒みを誘引します。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今日までの膨大な研究の成果によって、予防の効用を予想できるのは、接種の2週後位から約150日間ほどと考えられているようです。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP等3つの数値で確認することができますが、ここ最近では肝機能が衰退している人々が徐々に増加傾向にあると報じられています。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや受動喫煙・酒類・隠れ肥満等のライフスタイルの質の低下、ストレスなどにより、ここ数年日本人に増加している病気だといえます。

国民病ともいわれる花粉症とは、森の杉や檜、ブタクサなどの木や草の花粉が原因となり、クシャミ・目の痒み・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを生ずる病気として認識されています。

流感とも呼ばれるインフルエンザに対応している予防テクニックや処置というような必須の対処策そのものは、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わりません。

悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、普通ならばヒトの身体を癌から保護する役割を持つ物質を作出するための型である遺伝子の不具合により発症する病気だということが分かっています。

上が140以上の高血圧が継続すると、全身の血管に重いダメージがかかった結果、頭のてっぺんから足の爪先まで色々な血管に障害が発生して、合併症を誘引する確率が大きくなります。

メイクのデメリット:昼にはお化粧直しする必要がある…

メイクのデメリット:昼にはお化粧直しする必要がある。洗顔してすっぴんに戻った時につくづく思い知らされるギャップ。コスメの費用が案外馬鹿にならない。メイクしないと外に出られないという強迫観念のような呪縛。

屋外で紫外線を浴びたときにできるだけダメージを抑える方法は3種類あります。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.ふんだんにローションをはたいてきちんと潤いを保つ3.シミにさせないために剥がれてきた皮をむいては絶対にダメだ

我々が「デトックス」にのめりこんでしまう理由の一つは、私達が生活している環境の汚さだ。大気や土壌は化学物質で汚染され、コメや野菜などの食物には化学肥料や農薬が多くかかっていると実しやかに囁かれている。

美容外科とは、体の機能上の欠損や変形の修復よりも、もっぱら美意識に基づいて体の容貌の向上を重視する医療の一種で、完全に自立した標榜科でもある。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応と関係しているものの中で特に肌の症状(かゆみ等)が表出するもので皮膚過敏症の仲間である。

アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)をお薬の力だけで治そうとするには残念ながら無理があります。生活環境や楽しいことなどライフスタイル全てのテーマまで掌握する治療方法が必要になります。

ホワイトニングというものは、色素が薄く、より白肌を重要視した美容分野の価値観、またはそのような状態の皮膚のことを指す。大抵は顔のお肌について使われる。

指で押すと返してくるお肌のハリ。これをもたらしているのは、サプリメントでおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。バネの働きをするコラーゲンがしっかり皮ふを支えていれば、肌はタルミとは無縁でいられるのです。

よく女性誌や美容の書籍には、小顔になって肌がきれいになり、ダイエットできるし、毒素の排出、免疫力アップなど、リンパ液の流れを整えれば1叶えられる!という華やかな内容のフレーズが載っている。

フェイスラインの弛みは不要な老廃物や脂肪が滞留することで促されます。リンパ液の循環が悪くなってくると色々な老廃物が蓄積し、むくみが発生したり、脂肪が溜まり易くなり、たるみの原因になります。

知らず知らずの内にPCの画面に集中し過ぎて、眉間にシワを寄せ、なおかつ口元は口角の下がったへの字(ちなみに私はこの形を別称「富士山ぐち」とも呼んでいます)ではないですか?これはお肌の大敵です。

皮ふの奥で生み出された肌細胞はじわじわと時間をかけて皮膚の表面へと移動し、行く行くは肌表面の角質となって、約28日経てばはがれ落ちます。このサイクルこそが新陳代謝というわけです。

肌の美白指向には、90年代の初めからあっという間に女子高校生などに広がりを見せたガングロなど、不自然なほど酷く日焼けする渋谷系ギャル文化への反論的な精神が込められている。

あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、体にダメージを被った人のリハビリと同様に、顔などの容貌にダメージを受けた人がもう一度社会生活を送るために学習するテクニックという意味が込められているのです。

肌の透明感を保持するターンオーバー、別言するとお肌を生まれ変わらせることができる時間帯というのは極めて限られており、夜中眠る時しかないそうです。